最近、TVみてたら気になる製品がありました。
目周りの小じわに『ヒアロディープパッチ』ってやつです。

個人的な趣味でよくほんまでっかTVを見るのですが、たいがいはその場で笑ってその場で忘れてしまう事も多いです。

医療系の話題も多いけど、トリビア的に聞き流してしまうのですが・・・
ちょっと見ていたら、結構好きな美肌の先生が出ていて、今回のパッチに仕込んだヒアルロン酸を注入する針を皮膚に張る製品を紹介していました。

実は、ネットでこのヒアロディープパッチは見たことがあったのですが、その時は「針を刺すのも怖いな・・・」と無難に考えていただけでした。

皮膚の中に異物を入れるので炎症とか起きそうで怖いですよね。

でも、医師がTVで紹介するって事は安全性には自信があるのでしょうか。
・・・という信じ方もよくないので自分でも評価してみることにしました。

元々、ヒアルロン酸は人体に特別に害になるものではないですね。
医療用でも膝関節の痛みに関節内注射する事もあり、体内に入り込んでも副作用は比較的すくないのではないでしょうか。

更に、分子量は非常に高いので水をよく保持します。
なので、皮膚の張りを保つには安全性・効果の上からでも無難な物質でしょう。

皮膚の内部のどの部分まで針で届けられるのかは不明ですが、確かに表面にヒアルロン酸を塗るだけのほかの製品よりは長く留まるので効果的ではないかと考えられます。

あとはメーカーが質の高い針やヒアルロン酸をきちんと使用してくれていれば良いのですが。

しかし、物が物なので致命的な副作用が出るとは考えずらいので、腫れやかゆみ・痛みを感じたら中止するのが良いでしょう。